迎春2019 


迎春2019


昨年は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございました。

昨年は7月に夏休みを頂き、世界遺産の屋久島の縄文杉を見に行ってまいりました。
私は九州出身でありながら屋久島にはまだ行ったことがなく、人から話を聞いては、いつか行けたらと思いながら、この年齢になってしまいました。
屋久島は鹿児島県の本土から60kmのところにあり、淡路島より少し小さい島です。鹿児島から高速船で2時間ほどで屋久島に到着します。今回は港近くの民宿に泊まりましたが縄文杉までは片道11kmの登山となるため、朝4時に起床しての出発です。

登山口から8.5kmの地点までは比較的歩きやすいトロッコ道が続き、マイナスイオンで満たされたトレイルを爽快に歩いて行きました。しかし残り2.5kmは急傾斜の山道が続きます。しかもここから上は年間を通してほぼ雨が降り注いでいる亜熱帯雨林です。絶え間なくキャノピーに降り注ぐ水の恵みや水を含んだ冷たい岩肌に感銘を受けながら森林浴を楽しんでいるうちにお目当ての縄文杉に着きました。樹齢に関しては諸説ある縄文杉ですが、少なくとも紀元前から存在していることは確かです。幾多の生命が消えてゆく中で、現存するその縄文杉は、神によって生かされているという印象を受けました。

往復10時間以上の登山で、フルマラソンと同じくらいの疲労感でしたが、機会があったらもう一度登りたいと思わせる山でした。最後に、宿泊先のホテルでは東シナ海を見渡せるレストランがあり、そこには美味しいお酒が私を待っていました。

今回の旅で思ったことは、山登り、マラソン、組織運営には上手にこなすための共通点があるということです。

1.目的地がハッキリと定まっていて、その行程が計算されている。
2.”そだねー“って励まし合える仲間がいる。
3.達成感を実感できる。

株式会LACOMSも、皆さまのご愛顧・ご支援により今まで生かされて来たものと実感しております。縄文杉とまではいかないまでも、末長く続く組織となれるようスタッフ一同努力して参ります。本年もよろしくお願い申し上げます。

2018年元旦
LACOMS代表 水野 潔

LACOMS新春くじ

当選番号
4、14、15、27、35、42、57、66、73、74、79、92、
102、103、106、123、124、137、152、157、163、164、186、
204、209、215、222、240、251、253、256、271

賞品として、各地の名産品をご用意いたしました。当選された方は下記のリストから1つをお選びいただき、LACOMSまでご連絡ください。
※賞品発送の都合上、ご連絡期限を3月末日とさせていただきますのでご了承ください。

新年挨拶のアーカイヴへ