英語の聞き取りのポイント、コツ|英会話 英語 LACOMS


英語の聞き取りのポイント、コツ

  英語を聞き取る33のポイント

日本語は、NHKのアナウンサーのように一音一音はっきり
発するのが美しいとされています。「アメンボアオイナアイウエオ」です。

一方英語はリズム重視の言語です。前後の音はリズムに沿って、くっついたり音が変化したりします。

一例をあげましょう。
「I don’t know.」
だれでも正しく発音できそうですがネイティブの発音をきくと「アロンノゥ」に聞こえます。

これは
『d(ディー)は速い発音ではl(エル)に変わる』
という法則があるからです。

一見簡単な文が、洋画のようなネイティブの発音になったとたん聞き取れなくなるのは、私たち日本人がこのような発音変化の
法則を知らないからなのです。

LACOMSでは日本人が苦手とする、聞き取りのポイントを33に分析・整理しました。

逆にいうと、これらポイントを克服できれば、洋画も日本語字幕なしにみることができるようになるのです!

体験学習で、その一端を実感することができると思います。
お気軽に遊びにきて、効果を実感してみてください!

≫ ネイティブに伝わらない4つの理由


リスニング33のポイントを体験してみませんか?
ここで語られているのは、LACOMSのプログラムのほんの一端です。